教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE

 

 

Outlook:Outlookユーザー 設定ファイル一覧 (2002/2003/2007)

 


 


 


 


 

 

≪ 対象:2002/2003/2007 ≫

 

カスタマイズしたOutlookの設定内容(ユーザー情報)は、特定のファイルに保存されます。

ここではそれらのファイルの場所と役割についてご説明します。

※フォルダの一部は隠しフォルダです。(隠しフォルダを表示する方法はこちら

 


  • 保存場所≪XP≫ C:\Documents and Settings\プロファイル\Application Data\Microsoft\Outlook

  • 保存場所≪VISTA〜≫ C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook

ファイル名

役割

Outcmd.dat

Outlookのツールバーやメニューバー情報が保存されているファイルです。

 

「ツールバーが表示されなくなった」、「ユーザー情報をリセットしたい」、といった場合に削除するとツールバーやメニューバーはリセットされ、初期状態に戻ります。

NK2ファイル
(OLプロファイル.nk2)

上記2つの機能により記憶されたアドレス情報が保存されるファイルです。

NK2ファイルを削除すると、これまでのキャッシュ情報が削除され、機能がONの場合はそこから新たに情報が保存されていきます。

OutlPrnt

Outlookの印刷設定の定義ファイルです。

「ファイル」−「ページ設定」−「表スタイル/メモスタイル」等で設定した、印刷ページ設定(印刷スタイル)の定義情報が保存されています。

印刷スタイルを初期状態に戻したい場合や、印刷設定の変更ができない、といった場合にこのファイルを削除しOutlookを再起動すると、正常に動作するようになります。

OL再起動後、印刷のスタイルを定義すると再生成されます。

FAVファイル
(OLプロファイル.fav)

Outlookバー (Outlookショートカット)のカスタマイズ情報が保存されているファイルです。

(表示−「Outlookバー」)

 

削除するとOutlookバーは初期状態に戻ります。

SRSファイル
(OLプロファイル.srs)

Outlookの送受信設定ファイルです。


  • 保存場所≪XP≫C:\Documents and Settings\プロファイル\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook

  • 保存場所≪VISTA〜≫ C:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\Outlook

ファイル名

役割

EXTEND.dat

拡張機能ファイル(アドインの設定情報が含まれるファイル)です。

Outlookの起動に問題がある場合など、これを削除すると解決することがあります。
(削除後、Outlookを起動すると自動生成されます。)

PSTファイル
(個人用フォルダ)

個人用フォルダファイルです。

この場所は既定の保存場所ですが、PSTファイル作成時に他の場所を選択することもできます。また、作成後に別の場所に移動することも可能です。(切断してから操作する必要があります。)

OSTファイル
(オフラインファイル)

Exchange Serverを利用する環境で、ネットワークに接続していなくてもこれまで同期されたアイテムが表示できるファイルです。

ExchangeServer利用時、同期されるとアイテムがOSTファイルに保存されます。


  • 保存場所≪XP≫ C:\Documents and Settings\プロファイル\Local Settings\Application Data\Microsoft\FORMS

  • 保存場所≪VISTA〜≫ C:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\FORMS

ファイル名

役割

FRMCACHE.dat

メールフォーム起動を高速化するためのキャッシュファイルです。

このファイルが破損すると、メッセージやフォームが開けない問題が発生することがあります。削除してOutlookを再起動すると自動生成され、問題が解決することがあります。


  • 保存場所≪XP≫ C:\Documents and Settings\プロファイル\Application Data\Microsoft\Proof

  • 保存場所≪VISTA〜≫ C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\Proof

ファイル名

役割

CUSTOM.DIC

Outlook(MS-OFFICE全体)で利用するユーザー辞書です。
(ツール−「オプション」−「スペルチェック」タブ−「編集」)

この辞書に登録されているものは、スペルチェックなどでひっかからなくなります。


  • 保存場所≪XP≫ C:\Documents and Settings\プロファイル\Application Data\Microsoft\Signatures

  • 保存場所≪VISTA〜≫ C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\Signatures

ファイル名

役割

署名.txt

署名.rtf

署名.html

Outlookの署名の実体ファイルです。

1つの署名につき、TXT、RTF、HTMLと3つの形式でファイルが作成されます。

 

これはメッセージ形式(テキスト形式/リッチテキスト形式/HTML形式)によって異なる署名ファイルが使用されるからです。

返信/転送時の形式、又はデフォルトの 新規メッセージ形式によって異なる署名ファイルが使われます。メッセージアイテムの「書式」メニューから形式を変更した場合には元の署名ファイルが使われます。)

 

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows   IE