教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Word  ≫ 編集と入力

Word:数式は斜体のON/OFFで文字コードが変わる(アルファベット ←→ 数学用英数記号)

 

 

 

 

 

 

 

 

数式のアルファベットに斜体を設定すると、斜体になるのではなく数字用英数記号に変わります(文字コードが変わる)

  • 数式内のアルファベットを斜体にすると数学用英数字記号(Mathematical Alphanumeric Symbols)に変更される(文字コード変更)

  • 数式を選択し「デザイン」タブで「標準テキスト」をOFFにしても数学用英数記号に変換される

 ――― 例:数式内でCambria Mathフォントaを斜体にすると↓のようになります。―――

 

★ 数式で使うMathematical Italic Small Aという名称で、通常のLatin Small Letter Aという名称です。斜体にしただけで異なるコードになるのですね。

 

ですから「本文でCambria Mathのアルファベットを斜体にしても数式と同じにならない」のです。文字コードそのものが違う(アルファベット → 記号に変更)わけですから。

これは数式にはアルファベットではなく数学用英数記号を使うという仕様なのでしょうが、入力時は通常のアルファベットをキーボード入力するので「斜体にしたら記号に変更」「既存の数式に入力したら記号にする」ような動作になったのでしょう。(数式エリアで入力した場合はコードが異なれば 仕様からして無茶ですね)

 

      

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows