教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word2016:フォントサイズを大きくすると行間があく

   

 

 

 

 


 

 

 

2016からは標準フォントが游明朝になりました。このフォントはフォントサイズを大きくすると行間がかなり空くことがあります。

回避法を3つご紹介します。文書のレイアウトや書式によってベストなものがあるので、順に確認しましょう。

 

 


 

■ 解決法(1)  全体の行間を詰める → ページ設定の変更(★設定対象:文書)

◎特徴◎ 「標準の文字数を使う」により文書全体の行間が自動調整され、グリッド配置しないため行間があきません。

 

 

■ 解決法(2)  行間が空いてしまった箇所のみ調整 → 段落書式の変更(★設定対象:該当の段落)

◎特徴◎  行間が空くのはグリッド線に合わせて調整されるためなので、この設定をOFFにします。

  1. 行間が空いた箇所を範囲選択し右クリック−「段落」をクリック

  2. 「1ページの行数を指定時に文字を行グリッドに合わせる」のチェックを外す

 

 

■ 解決法(3)  文字数と行数を指定している場合 → 標準スタイルの変更(★設定対象:文書全体)

◎特徴◎  文字数・行数を指定しておりサイズを変更しても行間を変更したくない場合におススメ

  1. 「ページ設定」ダイアログ「文字数と行数」タブ行送りのサイズを確認して閉じる


     

  2. 「ホーム」タブのスタイルギャラリーで「標準」を右クリックし「変更」

     

  3. 「書式▼」−「段落」をクリックし「行間」を「固定値」とし 、1で確認した行送りの数値を入力する

     

  4. 「OK」で閉じる

  5. Ctrl+Aキーを押して文字列を全選択し、右クリック→「段落」をクリック

  6. 「行間」を「固定値」として2で確認した行送りの数値を入力する

  7. 「OK」で閉じる

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows