教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

Word  ≫ 編集と入力

Word:数式と本文で字体が異なる(Cambria Math)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

「同じCambria Mathフォントで入力しているのに本文と数式で字体が異なる」といったご質問をいただくことがあります。

▼同じCambria Mathなのに字体が違う▼▼

 

実は斜体の数式文字は通常の英字ではなく数学用英数記号なのです。つまり本文の数式の文字コードが違います。字が違うのでフォントを同じにしても見た目字体が同じにならないのです。

→ 参考:数式は斜体にすると文字コードが変わる(アルファベット→数学用英数記号)

 

 

 + 同じにするにはどうしたら…? +

■方法1:数式を標準テキストにする(斜体解除)→通常のアルファベットになる

  1. 数式を選択し「デザイン」タブ→「標準テキスト」をONにする(ON/OFFしてしっかりONにする)
    → 数学用英数記号からアルファベットに変換される
     

  2. 本文にCambria Mathで入力
    → 本文と数式のフォント及び字体は一致します。

■■ 既存の数式が多い場合は一括検索して斜体解除■■

  1. 数式を検索(Cambria Mathで検索、選択)

  2. 斜体ボタンをクリックし解除 → 数学用英数記号が英字に一括変換

 

■方法2:本文に数学用英数記号を入力する

本文に数学用英数記号で入力するのは面倒です。キーボードで単純入力はできませんから次のいづれかで入力になります。

  • 文字コードを入力しAlt+Xキー  ※例 1D44Eと入力しAlt+Xキーで

  • 「挿入」→「記号と特殊文字」から入力(Cambria Mathにして1D44E 〜以降、数学記号が表示される)

  • オートコレクト登録、クイックパーツ登録、ショートカットキー登録

  • 英字 → 数学用英数記号に置換するマクロ作成
    …など、いづれも文章を入力するには無茶ですが、字数が少ない、どうしても、といった場合は「記号と特殊文字」がまだ楽でしょうか。

  1. 挿入→「記号と特殊文字」→「その他の記号」をクリック

  2. フォントをCambria Mathにし、文字コードに1D44Eと入力
    abc…と数学用英数記号が表示されるので、入力したい記号をダブルクリックで挿入していく

 

 

 

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows