教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows

 

 

Word 2007/2010: 段落番号を振り直すことができない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 バージョン2002/2003はこちら

トラブル例1

 

■ 回避法(1) ショートカットメニューで「1から再開」を選択

  • 番号を振りなおしたい段落で右クリックし「1から再開」をクリック

    ▼ 解決しない場合は回避法(2)へ

 

■ 回避法(2) 文書全体にアウトライン番号を設定する

  1. 対象段落全てに見出しスタイル(見出し1、見出し2など)を適用

  2. 文書初めの見出し1にカーソルを置く

  3. 【ホーム】タブ−[段落グループ]−「アウトライン」ボタンをクリックし、「新しいアウトラインの定義」をクリック

     

  4. 「オプション」をクリック し、以下の設定を行う
     @ 変更するレベル=1
     A「番号の種類リストから 番号(1,2,3…など)を指定
     B「レベルと対応づける見出しスタイル」「見出し1」とする

     

  5. レベル2(見出し2)についても同様の設定を行う
    @ 変更するレベル=2
    A「番号の種類リストから 番号(1,2,3…など)を指定
    B「レベルと対応づける見出しスタイル」「見出し2」とする
    C「リストを開始するレベルを指定する」=「 レベル1」とする【※重要:ここで指定したレベルを前レベルとして振り直しが行われます。】

     

  6. 見出し3〜も存在する場合は、同様の操作を行 い「OK」をクリック

  7. 見出しのインデント等がずれた場合は適宜修正後、見出しスタイルの更新を行う。


 

■トラブル例2

 

 

■回避法 : 前レベル番号に続けて番号を振る(1-1, 2-1,3-1…)

  1. 対象段落全てに見出しスタイル(見出し1、見出し2など)を適用

  2. 文書初めの見出し1にカーソルを置く

  3. 【ホーム】タブ−[段落グループ]−「アウトライン」ボタンをクリックし、「新しいアウトラインの定義」をクリッ

  4. 「オプション」をクリック し、以下の設定を行う
     @ 変更するレベル=1
     A「番号の種類リストから 番号(1,2,3…など)を指定
     B「レベルと対応づける見出しスタイル」「見出し1」とする
     

  5. レベル2(見出し2)について以下の設定を行う
     @ 変更するレベル=2
     A「番号書式 」ボックスの内容を削除
     B「次のレベルの番号を含める」リストから「レベル1」を選択
     C「番号書式」ボックスで、前レベル番号の後に接続文字( - 等)を入力し「番号の種類」を指定
     D「レベルと対応づける見出しスタイル」「見出し2」とする
     E「リストを開始するレベルを指定する」=「 レベル1」とする

     

  6. 見出し3〜も存在する場合は、同様の操作を行ってから「OK」をクリック

★ アウトライン番号は全ての見出しで共通の設定を使います。番号の振り直しができない見出しが 本文内に1箇所のみある場合でも、必ず文書初めの見出し1段落にカーソルを置いてから操作してください。

 

教えて!HELPDESK      Excel     Word      Outlook      Power Point      Windows